青空文庫アーカイブ



中国怪奇小説集
白猿伝・其他
岡本綺堂

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)拾遺《しゅうい》といった

|:ルビの付く文字列の始まりを特定する記号
(例)平南将軍|藺欽《りんきん》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
   (数字は、JIS X 0213の面区点番号、または底本のページと行数)
(例)欧陽※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]《おうようこつ》
-------------------------------------------------------

 第五の男は語る。
「唯今は『酉陽雑爼』と『宣室志』のお話がありました。そこで、わたくしには其の拾遺《しゅうい》といったような意味で、唐代の怪談総まくりのようなものを話せという御注文ですが、これはなかなか大変でございます。とても短い時間に出来ることではありません。勿論、著名の物を少々ばかり紹介いたすに過ぎないと御承知ください。就きましては、まず『白猿伝』を申し上げます。この作者の名は伝わって居りません。唐に欧陽詢《おうようじゅん》という大学者がありまして、後に渤海男《ぼっかいだん》に封《ほう》ぜられましたが、この人の顔が猿に似ているというので、或る人がいたずらにこんな伝奇を創作したのであって、本当に有った事ではないという説があります。しかし〈志怪の書〉について、その事実の有無を論議するのは、無用の弁に近いかとも思われます。ともかくも古来有名な物になって居りまして、かの頼光《らいこう》の大江山《おおえやま》入りなども恐らくこれが粉本《ふんぼん》であろうと思われますから、事実の有無《うむ》を問わず、ここに紹介することに致します。
 そのほかには、原化記《げんかき》、朝野僉載《ちょうやせんさい》、博異記《はくいき》、伝奇、広異記《こういき》、幻異志《げんいし》などから、面白そうな話を選んで申し上げたいと存じます。これらもみな有名の著作でありまして、一つ一つ独立して紹介するの価値があるのでございますが、あとがつかえて居りますから、そのなかで特色のあるお話を幾つか拾い出すにとどめて置きます。右あらかじめお含み置きください」

   白猿伝

 梁《りょう》(六朝《りくちょう》)の大同《だいどう》の末年、平南将軍|藺欽《りんきん》をつかわして南方を征討せしめた。その軍は桂林《けいりん》に至って、李師古《りしこ》と陳徹《ちんてつ》を撃破した。別将の欧陽※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]《おうようこつ》は各地を攻略して長楽《ちょうらく》に至り、ことごとく諸洞の敵をたいらげて、深く険阻《けんそ》の地に入り込んだ。
 欧陽※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の妻は白面細腰《はくめんさいよう》、世に優れたる美人であったので、部下の者は彼に注意した。
「将軍はなぜ麗人を同道して、こんな蕃地へ踏み込んでお出《い》でになったのです。ここらの山の神は若い女をぬすむといいます。殊に美しい人はあぶのうございますから、よく気をお付けにならなければいけません」
 ※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]はそれを聞いて甚だ不安になった。夜は兵をあつめて宿舎の周囲を守らせ、妻を室内に深く閉じ籠めて、下婢《かひ》十余人を付き添わせて置くと、その夜は暗い風が吹いた。五更《ごこう》(午前三時―五時)に至るまで寂然《せきぜん》として物音もきこえないので、守る者も油断して仮寝《うたたね》をしていると、たちまち何物かはいって来たらしいので驚いて眼をさますと、将軍の妻はすでに行くえ不明であった。扉《とびら》はすべて閉じたままで、どこから出入りしたか判らない。門の外は嶮《けわ》しい峰つづきで、眼さきも見えない闇夜にはどこへ追ってゆくすべもない。夜が明けても、そこらになんの手がかりも見いだされなかった。
 ※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の痛憤はいうまでもない。彼はこのままむなしく還《かえ》らないと決心して、病いと称してここに軍を駐《とど》め、毎日四方を駈けめぐって険阻の奥まで探り明かした。こうしてひと月あまりを経たるのち、百里(六丁一里)ほどを隔てた竹藪で妻の繍履《ぬいぐつ》の片足を見付け出した。雨に湿《ぬ》れ朽ちてはいたが、確かにそれと認められたので、※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]はいよいよ悲しみ怒って、そのゆくえ捜索の決心をますます固めた。
 彼は三十人の壮士をすぐって、武器をたずさえ、糧食を背負い、巌窟《がんくつ》に寝《い》ね、野原で食事をして、十日あまりも進むうちに、宿舎を去ること二百里、南のかたに一つの山を認めた。山は青く秀《ひい》でて、その下には深い渓《たに》をめぐらしていた。一行は木を編んで、嶮しい巌や翠《あお》い竹のあいだを渡り越えると、時に紅い衣《きもの》が見えたり、笑い声がきこえたりした。
 蔦《つた》かずらを攀《よ》じて登り着くと、そこには良い樹を植えならべて、そのあいだには名花も咲いている。緑の草がやわらかに伸びて、さながら毛氈《もうせん》を敷いたようにも見える。あたりは清く静けく、一種の別天地である。
 路を東にとって石門にむかうと、婦女数十人、いずれも鮮麗の衣服を着て歌いたわむれていたが、※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の一行を見てみな躊躇するようにたたずんでいた。やがて近づくと、かれらは一行にむかって、なにしに来たかと訊《き》いた。※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]は事情をつまびらかに打ち明けると、女たちは顔をみあわせて嘆息した。
「あなたの奥さんはひと月ほど前からここに来ておいでですが、今は病気で寝ておられます。来てごらんなさい」
 門をはいると、木の扉がある。内は寛《ひろ》くて、座敷のようなものが三、四室ある。壁に沿うて床《とこ》を設け、その床は綿に包まれている。※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の妻は石の榻《とう》の上に寝ていたが、畳をかさね、茵《しとね》をかさねて、結構な食物がたくさんに列べてあった。たがいに眼を見合わせると、妻は急に手を振って、夫に早く立ち去れという意を示した。
 女たちは言った。
「奥さんはこの頃お出でですが、わたし達の中にはもう十年もここにいる者があります。ここは神霊ある物の棲む所で、自由に人を殺す力を持っています。百人の精兵でも、かれを取り押えることは出来ません。幸いに今は留守ですから、還らない間に早く立ち去るが好うございます。しかし美《い》い酒二石と、食用の犬十匹と、麻数十|斤《きん》とを持ってお出でになれば、みんなが一致して彼を殺すことが出来ます。来るならば必ず正午ごろに来てください。それも直ぐに来てはなりません。十日を過ぎてお出でなさい」
 それでは十日の後に再び来ると約束して、※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の一行は立ち帰った。それから美酒と犬と麻とを用意して、約束の時刻にたずねて行くと、女たちは待っていた。
「かれは酒が大好きで、酔うと力が満ちて来ると見えて、私たちに言いつけて綵糸《いろいと》で自分のからだを牀《ゆか》に縛り付けさせます。そうして、一つ跳《は》ねあがると、糸は切れてしまうのです。しかし三本の糸をまき付けると、力が不足で切ることが出来ません。それですから、帛《きぬ》のなかに麻を隠して置いて縛ったらば、おそらく切ることは出来まいと思われます。彼のからだはすべて鉄のようで刃物などは透りませんが、ただ臍《へそ》のした五、六寸のところを大事そうに隠していますから、そこがきっと急所で、刃物を防ぐことが出来ないのであろうと察せられます」
 女たちは更にかたわらの巌室《いわむろ》を指さして教えた。
「そこは食物|庫《ぐら》ですから暫く忍んでおいでなさい。酒を花の下に置き、犬を林のなかに放して置いて、わたし達の計略が成就《じょうじゅ》した時に、あなた方に合図をします」
 その通りにして、一行は息を忍ばせて待っていると、日も早や申《さる》の刻(午後三時―五時)とおぼしき頃に、練絹《ねりぎぬ》のような物があなたの山から飛ぶが如くに走って来て、たちまちに洞《ほら》のなかにはいった。見れば、身のたけ六尺余の男で、美しい髯《ひげ》をたくわえ、白衣を着て杖を曳いていた。かれは女たち大勢に取り巻かれて庭に出たが、たちまちに犬を見つけて驚き喜び、身を跳らせて引っ捕えたかと思うと、引き裂いて片端から啖《くら》い尽くした。女たちは玉の杯で酒をすすめると、機嫌よく笑い興じながらかれは数|斗《と》の酒を飲んだ。
 女たちはかれを扶《たす》けて奥にはいったが、そこでも又笑い楽しむ声がきこえた。やや暫くして、女が出て来て※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の一行を招いたので、すぐに武器をたずさえて踏み込むと、一頭の大きい白猿が四足《しそく》を牀《ゆか》にくくられていて、一行を見るや慌て騒いで、しきりに身をもがいても動くことが出来ず、いたずらに電光のような眼を輝かすばかりであった。一行は先を争って刃を突き立てたが、あたかも鉄石の如くである。しかも臍の下を刺すと、刃《やいば》は深く突き透って、そそぐが如くに血が流れた。
「ああ、天がおれを殺すのだ」と、かれは大きい溜め息をついた。「貴様たちの働きではない。しかし貴様の女房はもう孕《はら》んでいる。必ずその子を殺すな。明天子に逢って家を興すに相違ないぞ」
 言い終って彼は死んだ。その庫《くら》をさがすと、宝物珍品が山のように積まれていて、およそ人世の珍とする物は備わらざるなしという有様であった。名香《めいこう》数|斛《こく》、宝剣一|雙《そう》、婦女三十人、その婦女はみな絶世の美女で、久しいものは十年もとどまっている。容色おとろえた者はどこへか連れて行かれて、どうなってしまうか判らない。女を取り、物を取るのはすべて自分ひとりで、他に党類はない。朝はたらいで顔を洗い、帽をかぶり、白衣を着るが、寒さ暑さに頓着せず、全身は長さ幾寸の白い毛に蔽《おお》われている。
 かれが家にある時は、常に木彫りの書物を読んでいるが、その文字は符篆《ふてん》の如くで、誰にも読むことは出来ない。晴れた日には両手に剣を舞わすが、その光りは身をめぐって飛び、あたかも円月の如くである。飲み食いは時を定めず、好んで木実《このみ》や栗を食うが、もっとも犬をたしなみ、啖い殺して血を吸うのである。午《ひる》を過ぎると飄然として去り、半日に数千里を往復して夕刻には必ず帰って来る。夜は婦女にたわむれて暁に至り、かつて眠ったことがない。要するに※[#「けものへん+暇のつくり」、第4水準2-80-45]※[#「けものへん+矍」、133-13]《かかく》のたぐいである。
 ことしの秋、木の葉が落ち始める頃に、かれはさびしそうに言った。
「おれは山の神に訴えられて、死罪になりそうだ。しかし救いをもろもろの霊ある物に求めたから、どうにか免《まぬ》かれるだろう」
 前月、書物を収めてある石橋が火を発して、その木簡《もっかん》を焼いてしまった。かれは書物を石の下に置いたのである。かれは悵然《ちょうぜん》としてまた言った。
「おれは千歳《せんざい》にして子がなかったが、今や初めて子を儲けた。おれの死期もいよいよ至った」
 かれはまた、女たちを見まわして、涙を催しながら言った。
「この山は険阻で、かつて人の踏み込んだことのない所だ。上は高くして樵夫《きこり》なども見えず、下は深うして虎狼《ころう》怪獣が多い。ここへもし来る者があれば、それは天の導きというものだ」
 怪物の話はこれで終った。※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]はその宝玉や珍品や婦女らを連れて帰ったが、婦女のうちには我が家を知っていて、無事に戻る者もあった。※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の妻は一年の後に男の子を生んだが、その容貌は父に肖《に》ていた。
 ※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]は後に陳《ちん》の武帝《ぶてい》のために誅せられたが、彼は平素から江総《こうそう》と仲がよかった。江総は※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]の子の聡明なるを愛して、常に自分の家に留めて置いたので、※[#「糸+乞」、第3水準1-89-89]のほろびる時にもその子は難をまぬかれた。生長の後、その子は果たして文学に達し、書を善くし、名声を一代に知られた。[#地から1字上げ](白猿伝)

   女侠

 唐の貞元年中、博陵《はくりょう》の崔慎思《さいしんし》が進士《しんし》に挙げられて上京したが、京に然るべき第宅《ていたく》がないので、他人の別室を借りていた。家主は別の母屋《おもや》に住んでいたが、男らしい者は一人も見えず、三十ぐらいの容貌《きりょう》のよい女と唯ふたりの女中がいるばかりであった。崔は自分の意を通じて、その女を妻にしたいと申し入れると、彼女は答えた。
「わたくしは人に仕えることの出来る者ではありません。あなたとは不釣合いです。なまじいに結婚して後日《ごじつ》の恨みを残すような事があってはなりません」
 それでは妾《めかけ》になってくれと言うと、女は承知した。しかも彼女は自分の姓を名乗らなかった。そうして二年あまりも一緒に暮らすうちに、ひとりの子を儲けた。それから数月の後、ある夜のことである。崔は戸を閉じ、帷《とばり》を垂れて寝《しん》に就くと、夜なかに女の姿が見えなくなった。
 崔はおどろいて、さては他に姦夫《かんぷ》があるのかと、憤怒《いきどおり》に堪えぬままに起き出でて室外をさまよっている時、おぼろの月のひかりに照らされて、彼女は屋上から飛び降りて来た。白の練絹を身にまとって、右の手には、匕首《あいくち》、左の手には一人の首をたずさえているのである。
「わたくしの父は罪なくして郡守に殺されました。その仇を報ずるために、城中に入り込んで数年を送りましたが、今や本意を遂げました。ここに長居は出来ません。もうお暇《いとま》をいたします」
 彼女は身支度して、かの首をふくろに収め、それを小脇にかかえて言った。
「わたくしは二年間あなたのお世話になりまして、幸いに一人の子を儲けました。この住居も二人の奉公人もすべてあなたに差し上げますから、どうぞ子供の養育を願います」
 男に別れて墻《かき》を越え、家を越えて立ち去ったので、崔も暫くはただ驚嘆するのみであった。やがて女はまた引っ返して来た。
「子供に乳をやって行くのを忘れましたから、ちょっと飲ませて来ます」
 彼女は室内にはいったが、やや暫くして出て来た。
「乳をたんと飲ませました」
 言い捨てて出たままで、彼女はかさねて帰らなかった。それから時を移しても、赤児《あかご》の啼く声がちっとも聞えないので、崔は怪しんでうかがうと、赤児もまた殺されていた。
 その子を殺したのは、のちの思いの種を断つためであろう。昔の侠客もこれには及ばない。[#地から1字上げ](原化記)

   霊鏡

 唐の貞元年中、漁師十余人が数|艘《そう》の船に小網を載せて漁に出た。蘇州《そしゅう》の太湖が松江《しょうこう》に入るところである。
 網をおろしたがちっとも獲物《えもの》はなかった。やがて網にかかったのは一つの鏡で、しかもさのみに大きい物でもないので、漁師はいまいましがって水に投げ込んだ。それから場所をかえて再び網をおろすと、又もやかの鏡がかかったので、漁師らもさすがに不思議に思って、それを取り上げてよく視ると、鏡はわずかに七、八寸であるが、それに照らすと人の筋骨《きんこつ》から臓腑《ぞうふ》まではっきりと映ったので、最初に見た者はおどろいて気絶した。
 ほかの者も怪しんで鏡にむかうと、皆その通りであるので、驚いて倒れる者もあり、嘔吐《はきけ》を催す者もあった。最後の一人は恐れて我が姿を照らさず、その鏡を取って再び水中に投げ込んでしまった。彼は倒れている人びとを介抱して我が家へ帰ったが、あれは確かに妖怪であろうと言い合った。
 あくる日もつづいて漁に出ると、きょうは網に入る魚が平日の幾倍であった。漁師のうちで平生から持病のある者もみな全快した。故老の話によると、その鏡は河や湖水のうちに在って、数百年に一度あらわれるもので、これまでにも見た者がある。しかもそれが何の精であるかを知らないという。[#地から1字上げ](同上)

   仏像

 白鉄余《はくてつよ》は延州《えんしゅう》の胡人《こじん》(西域《せいいき》の人)である。彼は邪道をもって諸人を惑わしていたが、深山の柏の樹の下に銅《あかがね》の仏像を埋め、その後数年、そこに草が生えたのを見すまして、土地の人びとを欺《あざむ》いた。
「昨夜わたしが山の下を通ると、仏のひかりを見た。日をさだめて精進潔斎《しょうじんけっさい》をして、尊い御仏《みほとけ》を迎えることにしたい」
 定めの日に数百人をあつめて、ここらという所を掘りかえしたが、仏は見付からなかった。彼はまた言った。
「諸人が誠心をささげて布施物《ふせもつ》を供えなければ、仏の姿を拝むことは出来ない」
 集まっている男女はあらそって百余万銭を供えると、彼はさきに埋めたところを掘り起して、一体の仏像を示した。その噂が四方に伝わって、それを拝ませてくれという者が多くなると、彼はまた宣言した。
「尊い御仏を拝むと、万病が本復《ほんぷく》する」
 その計略成就して、数百里のあいだの老若男女《ろうにゃくなんにょ》がみな集まった。そこで、紫や緋《ひ》や黄の綾絹《あやぎぬ》をもって幾重にも仏像をつつみ、拝む者があれば先ずその一重を剥《は》いで見せる。一回の布施が十万銭、その正体を拝むまでには幾十万銭に及ぶのであった。
 こんな詭計《きけい》を用いているうちに、一、二年の後には土地の者がみな彼に帰伏した。彼は遂に乱をおこして、みずから光王《こうおう》と称し、もろもろの官職を設け、長吏《ちょうり》を置き、諸国の禍いをなすこと数年に及んだので、朝廷は将軍|程務挺《ていむてい》に命じてこれを討たしめ、かれらをほろぼして光王を斬った。[#地から1字上げ](朝野僉載)

   孝子

 東海に郭純《かくじゅん》という孝子があった。母を喪《うしな》って彼は大いに哭《こく》した。その哭するごとに、鳥の群れがたくさん集まって来るのである。官から使者を派して取調べさせると、果たしてその通りであったので、彼は孝子として村の入口に表彰された。
 後に聞くと、この孝子は哭するごとに、地上に餅を撒《ま》き散らして鳥にあたえた。それが幾たびも続いたので、その泣き声を聞きつけると、鳥の群れは餅を拾うために集まって来たのであった。[#地から1字上げ](同上)

   壁龍

 柴紹《さいしょう》の弟なにがしは身も軽く、足も捷《はや》く、どんな所へでも身を躍らせてのぼるばかりか、十余歩ぐらいは飛んで行った。
 唐の太宗《たいそう》皇帝が彼に命じて長孫無忌《ちょうそんむき》(太宗の重臣)の鞍を取って来いと言った。同時に無忌にも内報して、取られないように警戒しろと注意した。その夜、鳥のようなものが無忌の邸内に飛び込んで、二つの鞍を二つに切って持ち去った。それ逃がすなと追いかけたが、遂に捉え得なかった。
 帝はまたかれに命じて丹陽公主《たんようこうしゅ》(公主=皇女)の枕を取って来いと言った。それは金をちりばめた函《はこ》付きの物である。かれは夜半にその寝室へ忍び入って、手をもって睡眠中の公主の顔を撫でた。思わず頭をあげるあいだに、かれは他の枕と掏《す》りかえて来た。公主は夜の明けるまでそれを覚らなかった。
 又ある時、彼は吉莫靴《かわぐつ》をはいて、石瓦の城に駈けあがった。城上の墻《かき》には手がかりがないので、かれは足をもって仏殿の柱を踏んで、檐《のき》さきに達し、さらに椽《たるき》を攀《よ》じて百尺の楼閣に至った。実になんの苦もないのである。太宗帝は不思議に思った。
「こういう男は都の近所に置かない方がよい」
 彼は地方官として遠いところへ遷《うつ》された。時の人びとは彼を称して壁龍《へきりゅう》といった。
 太宗は又かつて長孫無忌に七宝帯を賜わった。そのあたい千金である。この当時、段師子《だんしし》と呼ばれる大泥坊があって、屋上の椽のあいだから潜り込んで無忌の枕もとに降り立った。
「動くと、命がありませんぞ」
 彼は白刃を突き付けて、その枕の函の中から七宝帯を取り出した。更にその白刃を床に突き立てて、それを力に飛びあがって、ふたたび元の椽のあいだから逃げ去った。[#地から1字上げ](同上)

   登仙奇談

 唐の天宝《てんぽう》年中、河南※[#「糸+侯」、第4水準2-84-44]子《かなんこうし》県の仙鶴観《せんかくかん》には常に七十余人の道士が住んでいた。いずれも専ら修道を怠らない人びとで、未熟の者はここに入ることが出来なかった。
 ここに修業の道士は、毎年九月三日の夜をもって、一人は登仙《とうせん》することを得るという旧例があった。
 夜が明ければ、その姓名をしるして届け出るのである。勿論、誰が登仙し得るか判らないので、毎年その夜になると、すべての道士らはみな戸を閉じず、思い思いに独り歩きをして、天の迎いを待つのであった。
 張竭忠《ちょうけっちゅう》がここの県令となった時、その事あるを信じなかった。そこで、九月三日の夜二人の勇者に命じて、武器をたずさえて窺わせると、宵のあいだは何事もなかったが、夜も三更《さんこう》に至る頃、一匹の黒い虎が寺内へ入《い》り来たって、一人の道士をくわえて出た。それと見て二人は矢を射かけたが中《あた》らなかった。しかも虎は道士を捨てて走り去った。
 夜が明けて調べると、昨夜は誰も仙人になった者はなかった。二人はそれを張に報告すると、張は更に府に申し立てて、弓矢の人数をあつめ、仙鶴観に近い太子陵の東にある石穴のなかを猟《あさ》ると、ここに幾匹の虎を獲た。穴の奥には道士の衣冠や金簡のたぐい、人の毛髪や骨のたぐいがたくさんに残っていた。これがすなわち毎年仙人になったという道士の身の果てであった。
 その以来、仙鶴観に住む道士も次第に絶えて、今は陵を守る役人らの住居となっている。[#地から1字上げ](博異記)

   蒋武

 唐の宝暦《ほうれき》年中、循州河源《じゅんしゅうかげん》に蒋武《しょうぶ》という男があった。骨格たくましく、豪胆剛勇の生まれで、山中の巌窟に独居して、狩猟に日を送っていた。彼は蹶張《けっちょう》を得意とし、熊や虎や豹《ひょう》が、その弦音《つるおと》に応じて斃《たお》れた。蹶張というのは片足で弓を踏ん張って射るのである。その鏃《やじり》をあらためると、皆その獣の心《むね》をつらぬいていた。
 ある時、甚だ忙がしそうに門を叩く者があるので、蒋は扉を隔ててうかがうと、一匹の猩々《しょうじょう》が白い象にまたがっていた。蒋は猩々がよく人の言葉を語ることを知っているので、内から訊《き》いた。
「象と一緒に来たのはどういうわけだ」
「象に危難が逼《せま》って居ります。わたくしに人間の話が出来るというので、わたくしを乗せてお願いに出たのでございます」と、猩々は答えた。
「その危難のわけを言え」と、蒋はまた訊いた。
「この山の南二百余里のところに、天にそびゆる大きい巌穴《いわあな》がございます」と、猩々は言った。「そのなかに長さ数百尺の巴蛇《うわばみ》が棲んで居ります。その眼はいなずまのごとく、その牙《きば》はつるぎの如くで、そこを通る象の一類はみな呑まれたり噬《か》まれたりします。その難に遭うもの幾百、もはや逃げ隠れるすべもありません。あなたが弓矢を善くするのを存じて居りますので、どうぞ毒矢をもってかれを射殺して、われわれの患《うれ》いを除いて下されば、かならず御恩報じをいたします」
 象もまた地にひざまずいて、涙を雨のごとくに流した。
「御承知ならば、矢をたずさえてお乗り下さい」と、猩々はうながした。
 蒋は矢に毒を塗って、象の背にまたがった。行けば果たして巌の下に二つの眼が輝いて、その光りは数百歩を射るのであった。
「あれが蛇の眼です」と、猩々は教えた。
 それを見て、蒋も怒った。彼は得意の蹶張をこころみて、ひと矢で蛇の眼を射ると、象は彼を乗せたままで奔《はし》り避けた。やがて巌穴のなかでは雷の吼えるような声がして、大蛇《だいじゃ》は躍り出てのたうち廻ると、数里のあいだの木も草も皆その毒気に焼けるばかりであった。蛇は狂い疲れて、日の暮れる頃に仆《たお》れた。
 それから穴のあたりを窺うと、そこには象の骨と牙とが、山のように積まれていた。十頭の象があらわれて来て、その長い鼻で紅《あか》い牙一枚ずつを捲いて蒋に献じた。それを見とどけて、猩々も別れて去った。蒋は初めの象に牙を積んで帰ったが、後にその牙を売って大いに資産を作った。[#地から1字上げ](伝奇)

   笛師

 唐の天宝の末に、安禄山《あんろくざん》が乱をおこして、潼関《どうかん》の守りも敗れた。都の人びとも四方へ散乱した。梨園《りえん》の弟子《ていし》のうちに笛師《ふえし》があって、これも都を落ちて終南山《しゅうなんざん》の奥に隠れていた。
 そこに古寺があったので、彼はそこに身を忍ばせていると、ある夜、風清く月明らかであるので、彼はやるかたもなき思いを笛に寄せて一曲吹きすさむと、嚠喨《りゅうりょう》の声は山や谷にひびき渡った。たちまちにそこへ怪しい物がはいって来た。かしらは虎で、かたちは人、身には白い着物を被《き》ていた。
 笛師はおどろき懼《おそ》れて、階をくだって立ちすくんでいると、その人は言った。
「いい笛の音《ね》だ。もっと吹いてくれ」
 よんどころなしに五、六曲を吹きつづけると、その人はいい心持そうに聴きほれていたが、やがておおいびきで寝てしまった。笛師はそっと抜け出して、そこらの高い樹《き》の上に攀《よ》じ登ると、枝や葉が繁っているので、自分の影をかくすに都合がよかった。やがてその人は眼をさまして、笛師の見えないのに落胆したらしく、大きい溜め息をついた。
「早く喰わなかったので、逃がしてしまった」
 彼は立って、長くうそぶくと、暫くして十数頭の虎が集まって来て、その前にひざまずいた。
「笛吹きの小僧め、おれの寝ている間に逃げて行った。路を分けて探して来い」と、かれは命令した。
 虎の群れはこころ得て立ち去ったが、夜の五更《ごこう》の頃に帰って来て、人のように言った。
「四、五里のところを探し歩きましたが、見付かりませんでした」
 その時、月は落ちかかって、斜めに照らす光りが樹の上の人物を映し出した。それを見てかれは笑った。
「貴様は雲かすみと消え失せたかと思ったが、はは、此処《ここ》にいたのか」
 かれは虎の群れに指図して、笛師を取らせようとしたが、樹が高いので飛び付くことが出来ない。かれも幾たびか身を跳らせたが、やはり目的を達しなかった。かれらもとうとう思い切って立ち去ると、やがて夜もあけて往来の人も通りかかったので、笛師は無事に樹から離れた。[#地から1字上げ](広異記)

   担生

 昔、ある書生が路で小さい蛇に出逢った。持ち帰って養っていると、数月の後にはだんだんに大きくなった。書生はいつもそれを担《にな》いあるいて、かれを担生《たんせい》と呼んでいたが、蛇はいよいよ長大になって、もう担い切れなくなったので、これを范《はん》県の東の大きい沼のなかへ放してやった。
 それから四十余年の月日は過ぎた。かの蛇は舟をくつがえすような大蛇《だいじゃ》となって、土地の人びとに沼の主《ぬし》と呼ばれるようになった。迂闊に沼に入る者は、かならず彼に呑まれてしまった。一方の書生は年すでに老いて他国にあり、何かの旅であたかもこの沼のほとりを通りかかると、土地の者が彼に注意した。
「この沼には大蛇が棲んでいて人を食いますから、その近所を通らないがよろしゅうございます」
 時は冬の最中《さなか》で、気候も甚だ寒かったので、今ごろ蛇の出る筈はないと、書生は肯《き》かずにその沼へさしかかった。行くこと二十里余、たちまち大蛇があらわれて書生のあとを追って来た。書生はその蛇の形や色を見おぼえていた。
「おまえは担生ではないか」
 それを聞くと、蛇はかしらを垂れて、やがてしずかに立ち去った。書生は無事に范県にゆき着くと、県令は蛇を見たかと訊いた。見たと答えると、その蛇に逢いながら無事であったのは怪しいというので、書生はひとまず獄屋につながれた。結局、彼も妖妄《ようもう》の徒であると認められて、死刑におこなわれることになった。書生は心中大いに憤った。
「担生の奴め。おれは貴様を養ってやったのに、かえっておれを死地におとしいれるとは何たることだ」
 蛇はその夜、県城を攻め落して一面の湖《みずうみ》とした。唯その獄屋だけには水が浸《ひた》さなかったので、書生は幸いに死をまぬかれた。
 天宝の末年に独孤暹《どっこせん》という者があって、その舅《しゅうと》は范県の県令となっていた。三月三日、家内の者どもと湖水に舟を浮かべていると、子細もなしに舟は俄かに顛覆して、家内大勢がほとんど溺死しそうになった。[#地から1字上げ](同上)

   板橋三娘子

 ※[#「さんずい+(丶/下)」、第3水準1-86-52]《べん》州の西に板橋店《はんきょうてん》というのがあった。店の姐さんは三娘子《さんじょうし》といい、どこから来たのか知らないが、三十歳あまりの独り者で、ほかには身内もなく、奉公人もなかった。家は幾間《いくま》かに作られていて、食い物を売るのが商売であった。
 そんな店に似合わず、家は甚だ富裕であるらしく、驢馬《ろば》のたぐいを多く飼っていて、往来の役人や旅びとの車に故障を生じた場合には、それを牽《ひ》く馬匹《ばひつ》を廉《やす》く売ってやるので、世間でも感心な女だと褒めていた。そんなわけで、旅をする者は多くここに休んだり、泊まったりして、店はすこぶる繁昌した。
 唐の元和《げんな》年中、許《きょ》州の趙季和《ちょうきわ》という旅客が都へ行く途中、ここに一宿《いっしゅく》した。趙よりも先に着いた客が六、七人、いずれも榻《とう》に腰をかけていたので、あとから来た彼は一番奥の方の榻に就いた。その隣りは主婦《あるじ》の居間であった。
 三娘子は諸客に対する待遇すこぶる厚く、夜ふけになって酒をすすめたので、人びとも喜んで飲んだ。しかし趙は元来酒を飲まないので、余り多くは語らず笑わず、行儀よく控えていると、夜の二更(午後九時―十一時)ごろに人びとはみな酔い疲れて眠りに就いた。三娘子も居間へかえって、扉を閉じて灯を消した。
 諸客はみな熟睡しているが、趙ひとりは眠られないので、幾たびか寝返りをしているうちに、ふと耳に付いたのは主婦の居間で何かごそごそいう音であった。それは生きている物が動くように聞えたので、趙は起きかえって隙間から窺うと、あるじの三娘子は或るうつわを取り出して、それを蝋燭の火に照らし視た。さらに手箱のうちから一具の鋤鍬《すきくわ》と、一頭の木牛《ぼくぎゅう》と、一個の木人《ぼくじん》とを取り出した。牛も人も六、七寸ぐらいの木彫り細工である。それらを竈《かまど》の前に置いて水をふくんで吹きかけると、木人は木馬を牽き、鋤鍬をもって牀《ゆか》の前の狭い地面を耕し始めた。
 三娘子はさらにまた、ひと袋の蕎麦《そば》の種子《たね》を取り出して木人にあたえると、彼はそれを播《ま》いた。すると、それがまた、見るみるうちに生長して花を着け、実を結んだ。木人はそれを刈って践《ふ》んで、たちまちに七、八升の蕎麦粉を製した。彼女はさらに小さい臼《うす》を持ち出すと、木人はそれを搗《つ》いて麺を作った。それが済むと、彼女は木人らを元の箱に収め、麺をもって焼餅《しょうべい》数枚を作った。
 暫くして※[#「奚+隹」、第3水準1-93-66]《とり》の声がきこえると、諸客は起きた。三娘子はさきに起きて灯をともし、かの焼餅を客にすすめて朝の点心《てんしん》とした。しかし趙はなんだか不安心であるので、何も食わずに早々出発した。彼はいったん表へ出て、また引っ返して戸の隙から窺うと、他の客は焼餅を食い終らないうちに、一度に地を蹴っていなないた。かれらはみな変じて驢馬となったのである。三娘子はその驢馬を駆って家のうしろへ追い込み、かれらの路銀《ろぎん》や荷物をことごとく巻き上げてしまった。
 趙はそれを見ておどろいたが、誰にも秘して洩らさなかった。それからひと月あまりの後、彼は都からかえる途中、再びこの板橋店へさしかかったが、彼はここへ着く前に、あらかじめ蕎麦粉の焼餅を作らせた。その大きさは前に見たと同様である。そこで、なにげなく店に着くと、三娘子は相変らず彼を歓待した。
 その晩は他に相客がなかったので、主婦はいよいよ彼を丁寧に取扱った。夜がふけてから何か御用はないかとたずねたので、趙は言った。
「あしたの朝出発のときに、点心《てんしん》を頼みます……」
「はい、はい。間違いなく……。どうぞごゆるりとおやすみください」
 こう言って、彼女は去った。
 夜なかに趙はそっと窺うと、彼女は先夜と同じことを繰り返していた。夜があけると、彼女は果物と、焼餅数枚を皿に盛って持ち出した。それから何かを取りに行った隙をみて、趙は自分の用意して来た焼餅一枚を取り出して、皿にある焼餅一枚と掏《す》り換えて置いた。そうして、三娘子を油断させるために、自分の焼餅を食って見せたのである。
 いざ出発というときに、彼は三娘子に言った。
「実はわたしも焼餅を持っています。一つたべて見ませんか」
 取り出したのはさきに掏りかえて置いた三娘子の餅である。
 彼女は礼をいって口に入れると、忽ちにいなないて驢馬に変じた。それはなかなか壮健な馬であるので、趙はそれに乗って出た。ついでにかの木人と木牛も取って来たが、その術を知らないので、それを用いることが出来なかった。
 趙はその驢馬に乗って四方を遍歴したが、かつて一度もあやまちなく、馬は一日に百里を歩《あゆ》んだ。それから四年の後、彼は関に入って、華岳廟《かがくびょう》の東五、六里のところへ来ると、路ばたに一人の老人が立っていて、それを見ると手を拍《う》って笑った。
「板橋の三娘子、こんな姿になったか」
 老人はさらに趙にむかって言った。
「かれにも罪はありますが、あなたに逢っては堪まらない。あまり可哀そうですから、もう赦《ゆる》してやってください」
 彼は両手で驢馬の口と鼻のあたりを開くと、三娘子はたちまち元のすがたで跳り出た。彼女は老人を拝し終って、ゆくえも知れずに走り去った。[#地から1字上げ](幻異志)



底本:「中国怪奇小説集」光文社
   1994(平成6)年4月20日第1刷発行
※校正には、1999(平成11)年11月5日3刷を使用しました。
入力:tatsuki
校正:小林繁雄
2003年7月31日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ